←トップ頁へ

和名 ヘントウ
↑撮影:GKZ↓

写真(↓)撮影者:沖縄県 田中 勝様  
撮影地:那覇市内↑
 撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

↑撮影地:ポルトガル・セトゥーバル地方↓ 

漢字表記 扁桃
別名・異名 アーモンド
ハタンキョウ(巴旦杏)
アメンドウ
古名 館林市・トレジャーガーデン
語源 和名は、漢名「扁桃」の音読みから。/属名はギリシャ語のamygdala(=アーモンド、扁桃)を語源としている。/種小名は「甘味のある」の意。/別名のアメンドウはオランダ語から。
学名 Amygdalus dulcis(=Prunus dulcis)
英名 Almond
仏名 amande/amandier
独名 Mandel
Mandelbaum
伊名 mandorla
西名 almendro
almendra
葡名 amêndoa
漢名 扁桃/杏仁
植物分類 バラ科モモ属
園芸分類 落葉小高木
用途 食用・薬用(果実の仁)
原産地 原産地ははっきりしていないが、アジア西南部と推測されている。
花言葉

「希望」「真心の愛」「無分別」「愚かさ」「永久の優しさ」

解説 ヘントウは、バラ科の落葉樹である。樹高は8前後に。葉は長楕円形で長さ7~10㎝程度で、縁には細かい鋸歯がある。葉の表面には光沢がある。花は写真に見られるようにモモに良く似ている。花径は3~5㎝程度。果実は長さ3~6㎝の長球形、熟すと裂開する。
履歴 古代メソポタミヤや古代ギリシャでも栽培されており、世界最古の栽培ナッツであると言われている。『旧約聖書』にも登場している。
我が国への渡来は、江戸期に種子が渡来し、生木は明治初期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2 『和漢三歳図絵』
季語
備考
下図撮影者:千葉県 三浦久美子様/撮影地:東京都薬用植物園