←トップ頁へ

和名 ヘミゲニア・インカナー
 撮影者:愛媛県 日原由紀子様 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/名は、ギリシャ語のhemi(=半分)とgeneion(=髭で覆われた)の合成語から。/種小名は、「微白色の、灰白色の、灰色の」の意。
学名 Hemigenia incana
英名 Silky Hemigenia
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ジョン・フォレスト国立公園
葡名
漢名
植物分類 シソ科ヘミゲニア属
園芸分類 常緑低木
用途 鉢植え/路地植え
 原産地  オーストラリア
花言葉
解説 ヘミゲニア・インカナーはシソ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア大陸西部のインド洋に面した砂壌地に自生の見られる灌木である。樹高は0.3~1.5m程度となる。若葉・若枝・若茎は白色の細毛に覆われているために原産地のオーストラリアではSilky hemigeniaと呼ばれている。葉は楕円状で、縁部は全縁、先端部は鈍頭或いは先端部に小さな突起を持つ。8~11月頃、枝先の葉腋から桃紫色~青紫色の筒状花をつける。花はシソ科特有の唇形花である。花冠は本来的には6裂するが、上唇並びに下唇は合着しているので、花冠が4裂しているかのように見える。
履歴
県花・国花  
古典1   
古典2
季語
備考