←トップ頁へ

和名 ヘミアンドラ・プンゲンス  
漢字表記
別名・異名 撮影地:オーストラリア・パース
古名 キングス・パーク
語源 和名は、学名の音読みから。/名は、ギリシャ語のhemi(=半分)とandros(=雄蘂)の合成語から。/種小名は、「鋭刺状の」の意。
学名 Hemiandra pungens  撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Snakebush  
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 シソ科ヘミアンドラ属
園芸分類 常緑低木
用途 鉢植え(ハンギング・ポット)
 原産地  オーストラリア
花言葉
解説 ヘミアンドラ・プンゲンスは、シソ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部の比較的沿海地で、花崗岩の露出するような乾燥地に自生の見られる灌木である。樹高は、1m程度までで、茎は4稜を持ち、上部で良く分枝をする。葉は最長で25㎜程度の線形で、先端部は鋭い刺状となり、枝に対生する。花は、ほぼ周年開花で、葉腋に掲載した写真に見られるような桃紫紅色地に濃紫紅色の斑点模様の入る唇形花を付ける。
履歴
県花・国花   ↑撮影地:西オーストラリア州・キングスパーク ↓
古典1   
古典2
季語
備考