←トップ頁へ

検索名 ヘデラ・ヘリックス  
和名 セイヨウキヅタ

漢字表記 西洋木蔦
別名・異名 アイヴィー,
イングリッシュ・アイヴィー
ヘデラ・ヘリックス
古名
語源 和名は、外来のキヅタの意。
属名は、ギリシャ語で「座る」或いは「葉が密生している」の意を語源としている。
種小名は「螺旋状の」の意。
学名 Hedera helix
英名 English ivy,
common ivy
仏名 Lierre grimpant
独名 Gemeine Efeu,
Gewöhnlicher Efeu
伊名 edera comune
西名 hidera común
葡語名 hera
漢名 歐洲常春藤
植物分類 ウコギ科キヅタ属
園芸分類 蔓性常緑樹
用途 道路分離帯、グリーンベルト、法面保護、生け垣、ウォールカヴァー、グランドカヴァー
原産地 ヨーロッパ~西アジア
花言葉 「友情」「永遠の愛」「死んでも離れない」「不滅」
解説 セイヨウキヅタは、ウコギ科の蔓性常緑樹である。我が国の園芸界では「アイヴィー」或いは「イングリッシュ・アイヴィー」の名で流通している。蔓(茎)の長さは10数㍍に及ぶ。葉は常緑で3~5裂する。葉脈はクリーム色。10月頃開花し、果実は翌春に熟す。 
履歴 我が国へは、明治の終わり頃に渡来している。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考