←トップ頁へ

和名 ヘブン・ロータス
↑撮影者:タイのIncola様↓
↑撮影者:東京都 中村利治様↓

撮影地:バンコク・ルンピニー公園
漢字表記
別名・異名 グスタフィア・アウガスタ/ブア・サワン(タイ語名)
古名 撮影地:バンコク
語源 和名は、英名の音読みから。/属名は、リンネがスウェーデン王Gustav三世に献じた名である。/種小名は「立派な、顕著な」の意。
学名 Gustavia augusta
英名 Majestic Heaven Lotus,
Janiparindiba, Gustavia
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
泰名 บัวสวรรค์
植物分類 サガリバナ科グスタフィア属
園芸分類 常緑中木
用途  街路樹(暖地)/緑陰樹(暖地)/食用(果肉)/薬用(葉)/矢毒(葉) 
原産地  パナマ、コロンビア、コスタリカ 
花言葉
解説 ヘヴン・ロータスは、サガリバナ科の常緑樹である。樹高は12m前後程度に。幹は直立し、分枝をせずに成長することが多く、しかも広線形の大きくて長い葉が幹頂周辺に集約されていることが多いので、遠目にはヤシの木のようにも見える。花は、白色の五弁花であり、写真に見られるように基部が紫紅色で先端が黄白色の雄蕊が無数に内巻きにカールしている。花には芳香が有り、蜜蜂、蝶、野鳥等が花時には好んでやってくる。果実は緑色から褐色へと熟すに従って色を変える。中に20個程度の種子が含まれている。黄橙色の果肉は蒸したり、米に混ぜて炊き込んだりして食用とするという。葉を煮詰めたものには幻覚作用や毒性があり矢毒や薬用としても用いられる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考