←トップ頁へ

和名jp ヘビノボラズ
撮影地:三重県上野森林公園

撮影者:京都府 藤井俊夫様

漢字表記 蛇不登
別名・異名
other name
トリトマラズ(鳥不止)
ショウビャク(
小蘗)
古名old name
語源
etymology
和名は、枝に鋭い刺を持つためヘビでさえも上ればないだろうとの意から。
属名
は、アラビア語でのメギの名から。
種小名は「シーボルトの」の意。
学名sn Berberis sieboldi
英名en Red-stemmed Barberry
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 小蘗
植物分類 メギ科メギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 薬用/路地植え/鉢植え/盆栽
原産地
distribution
本州(中部以西)・九州
花言葉
解説
description
ヘビノボラズは、メギ科の落葉樹である。概して山地の湿り気の多い地に自生の見られる灌木である。樹高は50~80㎝程度。葉は長さ5~10㎝程度の倒披針形~長倒卵形で、革質、葉縁には刺毛状の鋸歯があり、先端は鋭頭。葉柄の基部の反対側に鋭い3個の刺を持つことが名前の由来となっている。5~6月頃、総状花序を出し、径1㎝前後程度の黄色い6弁花をつける。果実は径6㎜程度の球形で赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考