←トップ頁へ

検索名 ベルテッセン
和名 アリョヌシッカ
漢字表記
別名・異名 ベルテッセン
古名
語源 和名は英名の音読みから。因みに、アリョヌシッカとはロシアのdens熱の少女名Alionushkaから。/属名は、ギリシャ語のklema(=蔓)の意から。/種小名は「全縁葉の」の意。
学名 Clematis integrifolia 'Alionushka'
英名 Alionushka Clematis 栃木花センターにて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キンポウゲ科クレマチス属
園芸分類 蔓性落葉低木
用途 路地植え
原産地 園芸作出品種(ロシア)
花言葉 高潔(クレマチス)
解説 アリョヌシッカは、クレマチス・インテグリフォリア系の園芸品種である。Clematis integrifolia と Clematis viticella による交配種という。花形が半鐘形のため「ベルテッセン」の名でも親しまれている。木立性で、蔓長は2m程度に。6~10月頃に径8㎝前後程度で濃紅紫色の丸弁に近い花をつける。掲載した写真は、横向きや上向きの写真となっているが、開花直後の花姿のためであり、前回すると下向きに開花する。
履歴 1961年、M A Beskaravainaja & A N Volosenko-Valenis 、両氏により作出されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考