←トップ頁へ

和名jp ベルガモット※備考欄参照
撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:小石川植物園   
漢字表記
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は英名(Bergamot)・イタリア語(Bergamotto)名の音読みからである。英名へは、イタリア語から実物と一緒に入っている。イタリア語(Bergamotto)の語源は、トルコ語で「梨の王」を意味するGeg armudiを語源としているという。
属名はギリシャ語のkitron(=箱)を語源とするラテン名で、レモンの木に対する古名。
種小名はスペイン・カタルーニャ地方の地名に因んでいる。
学名sn Citrus × bergamia
英名en Bergamot
仏名fr Bergamote
独名de Bergamotte
伊名it Bergamotto
西名es Pera del Bey
Pera de bey
Bergamota
葡名pt Bergamota
漢名ch 香檸檬
植物分類 ミカン科ミカン属
園芸分類 常緑小高木
用途use 生食や果汁として飲されることはなく、専ら精油を採油される。オーデコロンや香水にも用いられ、紅茶の「アールグレイ」も本種の精油により着香したものである。 
原産地
distribution
自然交雑種  
花言葉  
解説
description
ベルガモットはミカン科の常緑樹である。樹高は2~5m程度となる。本種は、ダイダイとマンダリンオレンジとの交雑種と推測されている。葉は、他のミカン科樹木同様に表面に光沢のある長さ12㎝前後、幅6㎝前後程度の卵形~長楕円形であり、縁部は全縁、先端部は尖り、基部では短い葉柄に連なり枝に互生する。5~6月頃、径4㎝程度で白色の5弁花をつける。開花時には強い芳香を放つ。花後には6.5~7㎝ × 6~7.5㎝程度のほぼ球形の果実をつける。果実は、緑色から黄色を経て橙色に熟す。果皮の表面は概して凹凸があるが、平滑の場合もある。 
履歴 一説にはコロンブスが本種をカナリア諸島で発見し、スペイン・イタリアに伝えたとも言われているが、他にも諸説がある。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 ※シソ科にベルガモット(和名タイマツバナ)のハーブが存在するが、葉が本種(Citrus × bergamia)の精油とよく似た香りをもつからである。そこで、本来の本家本元だった、本種がミカン科であることから、今では「ベルガモット・オレンジ」と呼んで区別している。