←トップ頁へ

和名 ベルベットゴムノキ
漢字表記 天鵞絨護謨木
別名・異名 フィカス・ベルベット
古名
語源 和名は、新芽展開時に葉や幹がベルベットのような軟毛で覆われているゴムノキの意から。/属名は、イチジクに対するラテン古名から。/種小名「インド南部の都市マイソーレ(Mysole)産の」の意。/変種名は「ベルベット(ビロード)状の」の意。
学名 Ficus mysorensis var. velvet
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑高木
用途 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地 インド
花言葉 永久の幸せ 茨城県立植物園にて
解説 マベルベットゴムノキはクワ科の常緑樹である。ジャワゴムノキからの変種である。本種は、掲載した写真では既に新葉が展開してしまっていて参考にならないが、新芽、若枝、若葉、葉脈(主脈)等が明るい褐色の軟毛で覆われ、感触も柔らかい雰囲気を示してくれるゴムノキで、我が国でも観葉植物として流通を見てる。成葉になると掲載した写真に見られるように表面には強い光沢がある。母種のジャワゴムノキは10~30mに達する喬木である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考