←トップ頁へ

和名 ベン・パーカー
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は作出者名の音読みから。/属名は、17世紀チェコスロバキアの宣教師でマニラに滞在し東洋の植物を採集したことで知られるG.J.カメルスの名に因んでいる。/種小名は「日本の」の意。/品種名は作出者名に因んでおり、米国椿協会への登録名でもある。
学名 Camellia japonica 'Ben Parker'
英名 Ben Parker
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ツバキ科ツバキ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 追憶 撮影地:東京大学附属小石川植物園
解説 ベン・パーカーはツバキ科の常緑樹である。所謂アメリカ・ツバキとして戦後逆輸入された中の一種である。本種は、Camellia japonica 'Elegans'種の実生苗から見出された品種である。樹高は3m程度に。葉は葉柄を持ち、長さ6~10㎝程度、幅2~7㎝程度の楕円形~長楕円形で、縁には鋸歯があり、、先端は鋭頭、茎に互生する。葉質は厚味があり、表面には光沢がある。3月頃、枝先の葉腋に径10㎝程度の半八重咲きの花をつける。花弁数は8~16個程度。花色は藤桃色。本種の場合、雄蘂が花弁へと退化して、独特な筒状の花弁を出す点に特徴がある。
履歴 本種は、「解説」の項にも記したがCamellia japonica 'Elegans'種の実生苗から作出され、初めての開花年は1932年であった。アメリカツバキ協会へは1955年に(Ben Paker)名で新品種登録されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考