←トップ頁へ

和名 ベンケイクサギ  
漢字表記 弁慶臭木  
別名・異名 クレロデンドルム・ウガンデンセ/ブルー・エルフィン/ブルー・ウィング 
古名  
語源 和名については不詳。/属名はcleros(=運命)とdendron(=樹木)の合成語である。クレロデンドロン属は、初めスリランカで、二種類発見され、arbor fortunate(幸運の木)、arbor infortunate(不幸の木)と呼ばれたことから。/種小名は「ウガンダの」の意。
学名 Clerodendrum ugandense
英名 blue butterfly bush/
blue glorybower/Blue Wings
撮影者:東京都 中村利治様
仏名 Clérodendron Oudandais,
Clérodendron de i'Ouganda
独名 Blauflügelchen
伊名 Clerodendrum ugandense
西名 Clerodendro de flor azul
葡名 Borboleteira,Bolboleta-azul
Clerodendoro-azul
漢名 藍胡蝶
植物分類 シソ科(←クマツヅラ科)クサギ属
園芸分類 常緑蔓性低木
用途 鉢植え
原産地   熱帯アフリカ  
花言葉 大きな野望、愛の告白  撮影地:千葉県稲毛市 花の美術館
解説 ベンケイクサギは、シソ科(←クマツヅラ科)の蔓性常緑樹である。樹高は1~3m程度に。葉は対生し、楕円形もしくは狭倒卵形で、縁には荒い鋸歯が見られる。7~10月頃、円錐形の集散花序を出し、花冠の径2㎝程度の花を見せる。花弁は5個で、中央の1個は濃紫色、他の4個は淡青紫色となる。本種は、植物園等での名札には学名を音読みした「クレロデンドルム・ウガンデンセ」で表示され、また園芸界では英名を音読みした「ブルー・エルフィン」や「ブルー・ウィング」等の名で流通しているケースが多いようである。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考