←トップ頁へ

和名 ベンガルガキ
漢字表記 ベンガル柿
別名・異名 インドガキ(印度柿)/ナンヨウガキ(南洋柿)/マプラップ(タイ語名)
古名
語源 和名は、インドに産するカキの意から。/属名は、ギリシャ語のDios(=神)とpyros(=穀物)の合成語で、「神の食物」の意となる。つまり、果実が美味であることを讃えた命名。/種小名は、「南インドのMalabar地方の」の意。
学名  Diospyros malabarica  撮影者:東京都 中村利治様 
英名 Gaub tree,
Malabar ebony,
Black-and-white ebony,
Pale moon ebony,
Indian persimon
仏名
独名 撮影地:タイ・バンコク
伊名 ベンジャシリ公園
西名
葡名
漢名 高棉黒柿
泰名   มะพลับ
植物分類 カキノキ科カキノキ属
園芸分類 常緑高木
用途 薬用(樹皮・果実・葉)/染料(若葉)/防水・接着剤(樹液)/用材(建築・家具・器具)
原産地 インド・スリランカ・バングラデシュ・東南アジア
花言葉 幸せな家庭
解説 ベンガルガキは、カキノキ科の常緑樹である。生長はゆっくりだが寿命は長く、、樹高は35mにも及ぶという。上部で分枝を多くすることから、樹冠は密となる。樹皮は平滑で黒色。葉は、長さ10~20㎝程度の長楕円形で枝に互生する。葉は革質で、表面には光沢がある。花は4弁花で汚黄色で、雄花は径1.2㎝程度、雌花は径1.5㎝となる。花後の果実は径4~6㎝程度の卵形で蔕が4個つく。果皮は黄熟し、表面には褐色の果粉が密につく。完熟すると食用可であるが渋味が強いという。本種の材は非常に重く、黒色で暗色の縞模様が入る。
履歴
県花・国花 タイ王国アーントーン県木
古典1
古典2
季語
備考