←トップ頁へ

和名 ベニユタカ
漢字表記 紅豊
別名・異名 マツマエベニユタカ(松前紅豊)
古名
語源 和名は花色からの命名か?/属名は、ラテン語のcerasus(=桜樹)から。/種小名は、「園芸家ラネスの」の意。
学名 Cerasus lannensiana ’Beni-yutaka’(=Prunus lannensiana 'Beni-yutaka')
英名
仏名
独名    撮影者:東京都 中村利治様 
伊名 撮影者地:都内東綾瀬公園
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉小高木
用途 庭園樹/公園樹
原産地 園芸作出品種
花言葉 優美、永遠の愛
解説 ベニユタカはバラ科の落葉樹である。樹高は5~10m程度。葉は、長さ7~13㎝、幅4.5~7㎝程度の広卵形~倒卵形形で、縁部の鋸歯は単鋸歯と重鋸歯が入り混じり、先端部は尾状に長く伸びて、枝に互生する。北海道の松前地域では5月の開花となるが、東京都内では4月中旬頃の開花となる。花は枝先の葉腋に散房状に2~3個がつく。花径は4㎝前後程度で、花弁数は15~18個程度の八重咲き濃紅紫色である花には幾分芳香がある。
履歴 本種は、浅利政俊氏によって、マツマエハヤザキ種とリュウウンインベニヤエ種との交雑により作出されている。
県花・国花
古名1
古典2
季語
備考