←トップ頁へ

和名 ベニツツバナ
        宇都宮市:ろまんちっく村にて↑
漢字表記 紅筒花
別名・異名 オドントネマ・ストリクツム
古名
語源 和名は、花の形状と花色とから。/属名はギリシャ語のodontos(=歯)とnema(=糸)の合成語から。/種小名は「直立の」の意。
学名 Odontonema strictum
英名 Red Justica,Cardinal Guard,firespike
仏名 Odontonema stricta
独名
伊名  国営沖縄記念公園にて↓        
西名 Odontonema
葡名 Odontonema
漢名 紅樓花
植物分類 キツネノマゴ科オドントネマ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(非耐寒性)/鉢植え
原産地 中央アメリカ
花言葉
解説 ベニツツバナは、キツネノマゴ科の常緑樹である。樹高は2m前後に。開花期は特になく周年花が見られるようである。名前の通りに、赤い筒状の花穂を次々と出し、楽しませてくれる。あまり陽当たりの良くない地でも良く育つ。現在沖縄では野生状態にあり、群落を形成していることも珍しくない状況にある。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考