←トップ頁へ

和名 ベニスモモ
漢字表記 紅李
別名・異名 アプリコット・プラム/サイモン・プラム
古名
語源 和名は紅色の実をつけるスモモの意から。/属名は、スモモに対するラテン古名から。/種小名は19世紀フランスの植物学者であり、外交官であったGabriel Eugène Simonへの献名。
学名  Prunus simonii   撮影者:大阪府 遠藤チュウ様
英名 Apricot plum,
Simon plum
仏名 Prunier kelsey,
Prunier abricotier
独名 Simons Pflaume,
Simons Pflaumenbaum
伊名
西名 Albaricoquero de Simón
葡名
漢名 杏李
植物分類 バラ科スモモ属(←サクラ属)
園芸分類 落葉高木
用途 食用(果実)
原産地 中国
花言葉 撮影地:大阪城公園内
解説 ベニスモモは、バラ科の落葉樹である。樹高は5~8m程度。枝は紫色をしており、無毛である。葉は1㎝程度の葉柄を持ち、長さ7~10㎝、幅3~5㎝程度の楕円状倒卵形~楕円状披心形で、縁部には鋸歯が顕著であり、先端部は鋭頭となり、枝に互生する。6~7月頃、枝先の葉腋から径1.5~2㎝程度で白色の5弁花をつける。花後の果実は径3~5㎝程度の扁球形の核果で、果実には芳香があるが、苦味があるという。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考