←トップ頁へ

和名 ベニサンゴバナ
漢字表記 紅珊瑚花
別名・異名 パキスタキス・コッキネア
古名
語源 和名は、紅色のサンゴバナの意。/属名はギリシャ語のpach(=太い)とstachys(=穂状花)の合成語からで「太い穂」の意。/種小名は「赤色の」の意。
学名 Pachystachys coccinea
(=Justicia coccine
=Jacobinia coccinea)
英名 Cardinal's guard
仏名  Plumet d'officer,
Panached'officier,
Chandelle
独名  撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:新宿御苑
西名 También conocido como Cardenal
葡名
漢名 紅珊瑚
植物分類 キツネノマゴ科パキスタキス属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地 中米~西インド諸島
花言葉 慈愛、美しい娘
解説 ベニサンゴバナは、キツネノマゴ科の常緑低木である。樹高は1~2m程度。葉は長さ10~20㎝の卵形~楕円形で茎に対生する。葉は、全縁で、先端部は鋭頭となる。葉の表面では葉脈が明瞭である。開花期は周年で、茎上部に穂状花序を出し、赤色で2唇型の花を多数つける。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考