←トップ頁へ

和名 ベニノキ
漢字表記 紅木
別名・異名 アケノキ(赤木)/トン・カムセート(タイ語名)
古名
語源 和名は、紅色の色素を採り出せる木の意から。/属名は、南米(ブラジル)での現地語から。/種小名はアマゾン川を最初に発見したスペイン人のオレルラナの名に因んでいる。
学名 Bixa orellana
英名 Anattotree,Lipsticktree,Arnotto dye plant
仏名 roucou
独名 Annattostrauch
伊名 annatto
西名 achione,urucú,onoto
葡名 Urucum,urucuzeiro,achicote,achote,
achote,bija,bixa,colorau,orucú,tintória,
urucú,urucú-da-mata,
urucú-bravo,urucuuba,uru-uva
漢名 紅木、胭脂樹
泰名 ตันคำแสด 撮影者:フィリピン・ダバオ州 斎藤 央 様
植物分類 ベニノキ科ベニノキ属 撮影地:フィリピン・ディゴス市
園芸分類 常緑低木
用途 食用色素/口紅/原産地ではボディ・ペインティング・薬用・ロープ材(繊維)
原産地 西印度諸島
花言葉
解説 ベニノキは、ベニノキ科の常緑樹である。樹高は5m前後程度に。葉は、長さ10~20㎝、幅5~15㎝程度の卵形、縁は幾分波を打ち、鋭頭、枝・茎に互生する。花は、葉腋から円錐花序を出し、長い花柄を持った径4~6㎝前後程度で白色~淡桃色の花をつける。花冠は5裂するが、裂した花弁がまた2裂することもある。花後に、朱赤色で扁平な卵形の果実を直立させる。果実の長さは3㎝前後程度。果皮は朱赤色の無数の刺で覆われており、中に径5㎜前後で赤色の種子が含まれる。
履歴 コロンブスの新大陸発見以降、本種は染料植物として、世界各地の熱帯・亜熱帯地域に広まっている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考