←トップ頁へ

和名 ベニコブシ  
漢字表記 紅辛夷
別名・異名 ヒメシデコブシ(姫四手辛夷)
古名
語源 和名は、花弁が注連縄や玉串などにつけられる四手状であることから。/属名は、フランスの植物学教授P.マグノルの名に因んでいる。/種小名は「星状の」の意で、花形から。/変種名は明治初期の植物学者伊藤圭介の名に因んでいる。
学名 Magnolia stellata var. keiskei
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 モクレン科モクレン属
園芸分類 落葉小高木
用途 庭木
原産地 日本(本州:愛知・岐阜・三重)
花言葉 友情・信頼
解説 ベニコブシはモクレン科の落葉樹である。コブシのような大木にはならず、樹高は2~5m程度である。葉は楕円形で、枝に互生する。3~4月頃に、葉の展開に先立って芳香のある紅色の花を見せる。花弁の数は12~18枚。花後には袋果をつけ種子は赤熟する。
履歴  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考