←トップ頁へ

和名 ベニヒモノキ
撮影者:千葉県三浦久美子様↑

撮影:GKZ/東京都立八丈植物園
漢字表記 紅紐木
別名・異名 アカリファ・ヒスピダ
古名 撮影地:夢の島熱帯植物館
語源 和名は、花の形状が赤い紐状であることから。
属名は、ギリシャ古名akalephe(=イラクサ)を語源としている。
種小名は「剛毛のある」の意。
学名 Acalypha hispida
英名 Red-hot Cat tail,
Chenille plant
仏名 Queue-de-chat,
Ricinella
独名 Katzenschwänzchen,
Raues Nesselblaut
伊名 Coda di volpe rossa
西名 Moco de pavo,
Rabo de gato,
Manto de candela
葡名 Acalifa-macarrão,
Maccarrão,
Rabo-de-gato,
rabo-de-gato-vermelho
漢名 紅花鉄莧
植物分類 トウダイグサ科エノキグサ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地 マレー半島
花言葉 気儘
解説 ベニヒモノキは、トウダイグサ科の常緑低木である。樹高は、原産地では2~3m程度になるという。葉は暗緑色、広卵形で、長さ20㎝前後。雌雄異株。雌株では、葉腋から伸びた穂状花序が長く下垂する。長さ20~50㎝程度に。花色は赤または紫色。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考