←トップ頁へ

和名 ベニゲンペイカズラ
漢字表記 紅源平葛
別名・異名 クレロデンドロム・スペキオスム
古名
語源 和名は、文字通り紅花のゲンペイカズラ意。/属名はギリシャ語のcleros(=運命)とdendron(=樹木)の合成語から。/種小名「美しい、華麗な」の意。
学名 Clerodendrum × speciosum 撮影者:東京都 中村利治様 
英名 Java glory vine,Heart vine ↑撮影地:新宿御苑↓
仏名   
独名 
伊名
西名 Varação sangrento
葡名
漢名  紅萼珍珠寶蓮、紅花龍吐珠 
植物分類 シソ科(←クマツヅラ科)クサギ属
園芸分類 蔓性常緑低木。
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 清楚:運命、輝く美しさ
解説 ベニベンケイカズラは、シソ科(←クマツヅラ科)の蔓性常緑樹である。蔓長は1.5m程度に。葉はほぼ楕円形で対生する。5~9月頃、茎(蔓)上部の葉腋から白い萼片に赤花をつける。蕾時には萼は白色だが、開花時には淡紅色へと変化する。花径は2㎝前後程度。本種は結実しないと言われている。
履歴 本種は、ゲンペイクサギ(Clerodendrum thomsoniae)とベニバナクサギ(Clerodendrum splendens)との種間交雑により作出された園芸品種である。
県花・国花
古典1 とちぎ花センターにて→
古典2 撮影:GKZ
季語
備考