←トップ頁へ

検索名 ベニデマリ(紅手毬)
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:タイ・バンコク
和名jp ベニバナサンタンカ
漢字表記 紅花山丹花
別名・異名
other name
イクソラ・コッキネア
ベニデマリ(紅手毬) 
古名
old name
語源
etymology
和名は、赤い花をつけるサンタンカの意から。
属名は、一説には、ヒンズー教の三大神の内のシバの神のサンスクリット語名をポルトガル語に訳したものに因むといわれている。
種小名は「赤い」の意。
学名sn Ixora coccinea
英名  Jungle geranium,
Flame of the woods,
Jungle flame
Scarlet jungleflame 
仏名fr Ixora écarlate
独名de Ixore
伊名it Pianta da siepe
西名es Geranio de la jungla,
Llama de los bosques,
Coralito
Llama de la jungla
葡名pt Ixora-coral
漢名ch 橙紅龍船花
泰名th ต้นเข็ม  
植物分類 アカネ科サンタンカ属
園芸分類 常緑低木
用途use 鉢植え/切り花/生け垣(原産地・熱帯や亜熱帯)
原産地
distribution
インド
花言葉
解説
descrription
ベニバナサンタンカは、アカネ科の常緑樹である。樹高は、1~2m程度。葉は光沢のある広楕円形~心臓形、全縁、枝に対生する。4~9月頃、茎頂或いは枝先の葉腋から散房花序を出し、赤い十字花を多数付ける。サンタンカに良く似ているが、葉がより小さくなり、花冠の裂片が楕円形で幅広く、先端が尖る点で異なる。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考