←トップ頁へ

和名 ベニチドリ  
漢字表記 紅千鳥
別名・異名
古名
語源 和名は品種名から。/属名は、17世紀チェコスロバキアの宣教師でマニラに滞在し東洋の植物を採集したことで知られるG.J.カメルスの名に因んでいる。/種小名は「日本の」の意。/品種名命名の所以については不詳。開花時に花姿からの命名と推測される。
学名 Camellia japonica 'Benichidori'
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:小石川植物園
西名
葡名
漢名
植物分類 ツバキ科ツバキ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
 花言葉 追憶   撮影者:東京都 中村利治様
解説 ベニチドリはツバキ科の常緑樹である。江戸期から続くツバキの園芸品種である。樹高は3~5m程度となる。葉は短い葉柄を持ち、長さ5㎝前後程度、幅3㎝程度の楕円形~長楕円形で、縁には鋸歯があり、先端は鋭頭、茎に互生する。葉質は厚味があり、表面には光沢があり、本種の葉の場合、黄斑模様が入ることが多い。3~4月頃、枝先の葉腋に掲載した写真に見られるような径5~6㎝程度の紅色時に白斑模様の入った八重咲き花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『椿伊呂波名寄色附』
季語 春(椿)
備考