←トップ頁へ

和名 ベニバナヤエサンザシ
漢字表記 紅花八重山査子
別名・異名
古名
語源 和名は、漢名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のkratos(=力)に由来し、材が硬いことを示している。/種小名は「平滑の」の意。/品種名は、作出者のイギリス人William Paulの名に因んでいる。
学名 Crataegus laevigata'Paul's Scarlet'
英名 Midland Howthorn,
Paul's scarlet hawthorn
仏名
独名
伊名 足利フラワーパークにて
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サンザシ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木/盆栽
原産地 園芸作出品種(イギリス)
花言葉 希望
解説 ベニバナヤエサンザシは、バラ科の落葉樹である。樹高は4~6m程度となる。本種は、ヨーロッパに自生するセイヨウサンザシから作出された園芸品種で、八重咲き種である。枝はよく分枝し、鋭い刺を持つ。葉は葉柄を持った長さ3~7㎝程度のくさび形で、枝に互生する。葉縁には粗い鋸歯がある。葉の表面には光沢がある。5~6月頃、枝先に散形花序を出し、掲載した写真に見られるような紅桃色の花を多数付ける。本種は、八重咲き種のため、結実を楽しむことは出来ない。
履歴 本種は、イギリス人William Paulによって1866年に発表された、セイヨウサンザシの紅花八重咲き種である。
県花・国花  
古典1
古典2
季語
備考