←トップ頁へ

和名 ベニバナノツクバネウツギ   撮影者:東京都 中村利治様
↑撮影地:筑波実験植物園↓ 
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

↑撮影地:筑波実験植物園↓ 

東京大学付属日光植物園にて/撮影GKZ↓
漢字表記 紅花衝羽根空木
別名・異名 ベニコツクバネ(紅小衝羽根)
古名
語源 和名は、赤い花を見せるツクバネウツギの意。因みにツクバネとは、果実の形状が追い羽根に似ていることから。
属名は、イギリス人の医師C.エイブル博士の名に因んでいる。
種小名は「スプーン形の」の意。
変種名は「血紅色の」の意。
学名  Abelia spathulata Sieb. Et zucc.
Var. sanguinea Makino 
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 スイカズラ科ツクバネウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本固有種(本州中部の温帯~亜高山帯) 
花言葉 謙譲、長い友情
解説 ベニバナツクバネウツギは、スイカズラ科の落葉低木である。樹高は1~2m程度。ツクバネウツギの変種で、枝は良く分枝し、赤褐色で細い。葉は卵形で、縁部には鋸歯があり、先端部は尾状に尖り、基部には葉柄を持ち、枝に多生する。5~6月頃、若枝の先に2花が並んで開花する。花冠は5裂し、暗紅紫色を帯び、長さ2㎝程度。花筒の外側には白色の短細毛が密生し、内側には橙黄色の網目模様が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考