←トップ頁へ

検索名  ベニバナマロニエ 
撮影:GKZ/佐野市・西芳寺


撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:千葉市内↑
和名 ベニバナトチノキ
漢字表記 紅花栃
別名・異名 ベニバナマロニエ
古名
語源 和名は、赤い花を見せるトチノキの意。/属名は、aescare(=食料)の意。果実が食べられることから。/種小名はトチノキの古名。
学名 Aesculus hippocastanum×Pavia
英名 Red Horse Chestnut
仏名 marronnier à fleour rouge
独名 Rote Ross-Kastanie,
Scharlach-Kastanie
伊名
西名
葡名
漢名 肉紅七葉、肉紅花七葉樹
植物分類 ムクロジ科(←トチノキ科)トチノキ属
園芸分類 落葉高木
用途 路地植え(庭木・街路樹)
原産地 園芸作出品種
花言葉 博愛・贅沢
解説 ベニバナトチノキは、ムクロジ科(←トチノキ科)の落葉高木である。園芸作出品種である。花色が鮮やかなため、我が国では、マロニエよりも本種が多く栽培されている。トチノキに較べ、葉の縁の鋸歯は粗く、果実には刺がある。
履歴 1820年に、北米産のアカバナトチノキセイヨウトチノキ(マロニエ)との交雑によって作出されている。/我が国へは大正末年頃渡来している。
県花・国花
古典1 撮影地:調布市野草園→
古典2
季語
備考