←トップ頁へ

検索名  ベニバナマンサク(紅花万作)   
和名 アカバナマンサク
漢字表記 赤花万作
別名・異名 ベニバナマンサク(紅花万作)
古名
語源 和名は、文字通り赤花の万作であることから。因みにマンサクは濃黄色である。/属名は、ギリシャ語のhamos(=似た)とmelis(=リンゴ)からの合成語で、西洋サンザシまたは類似した植物につけられた古代ギリシャ名であったものが転用さらたものという。/種小名は「日本の」の意。/変種名は「鈍頭の」の意。/品種名は「肉色の」の意。
学名 Hamamelis japonica var. obtusa f. incarnata
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 マンサク科マンサク属
園芸分類 落葉小高木
用途 各種用材
原産地 日本(北海道~本州日本海側)
花言葉
解説 アカバナマンサクは、マンサク科の落葉樹である。マルバマンサクの赤花品種として分類される。概して我が国の日本海側の山中に自生の見られる落葉樹である。樹高は3~8m程度。葉は長さ5~10㎝、幅3~7㎝程度の菱形状円形~広卵形で枝に互生する。葉の上部半分の縁には鋸歯がある。1~3月頃、葉の展開前、葉腋に花弁の長さ2㎝程度で赤色の花をつける。花弁は捩れていて4個ある。萼片も4個、雄蘂も4個で雌蘂は1個である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考