←トップ頁へ

和名 ベニバナヒョウタンボク
漢字表記 紅花瓢箪木
別名・異名
古名
語源 和名は、文字通り紅花を見せるヒョウタンボクの意。因みにヒョウタンボクは白花である。/属名は、ロシアの植物学者C.J.Maximowiczの名に因んでいる。/変種名は「サハリンの」の意。
学名 Lonicera maximowiczii var. sachalinensis
英名 Sakhalin honeysuckle
仏名 Chèvrefeuille de l'ile Sakaline 館林市:トレジャーガーデンにて
独名          結実写真をお持ちの方、ご提供下さい。
連絡先はメニュー頁にあります。
伊名
西名
葡名
漢名 紫花忍冬
植物分類 スイカズラ科)スイカズラ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木・生け垣・盆栽
原産地 日本(青森縣・北海道)/朝鮮半島/中国/ロシア(アムール地方・ウスリー地方・サハリン)
花言葉  
解説 ベニバナヒョウタンボクは、スイカズラ科)の落葉樹である。樹高は1~2.5m程度。葉は長さ3~5㎝程度の卵状楕円形~楕円形で枝に対生する。葉の縁部は全縁で、先端部は尖る。6~8月頃、枝先の葉腋に径2㎝程度で濃紅紫色の花を2個ずつつける。花後の果実は径6~8㎜程度の球形液果で、2個が合着状につき、赤熟する。 
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類(VU)  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 ※有毒植物(実)