←トップ頁へ

和名 ベニバナエニシダ
漢字表記 花紅金雀枝
別名・異名
古名
語源 和名は、花の両翼弁が紅花となることから。因みにエニシダとは、オランダ語「エニスタ」ホオベニエニシダは、マメ科のからの転訛という。/属名はある植物(一説にはウマゴヤシという。)の古代ギリシャ名からということだが、詳細不詳。/種小名は「紫色の」の意。
学名 Cytisus purpureus
英名 Purple bloom
仏名
独名
伊名 群馬県館林市:善導寺にて
西名
葡名
漢名
植物分類 マメ科エニシダ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木/切り花
原産地 フランス
花言葉 謙遜/卑下
解説 ベニバナエニシダは、マメ科の落葉樹である。樹高は1~2m程度に。茎は、地を這うように横に出る習性を持つ。枝は良く分枝し、色は緑色、枝には稜がある。若枝には毛が見られる。5~6月頃、葉腋に蝶形花を開花する。花色は、桃紫色もしくは紫色。分種は、寒さに強い品種である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考