←トップ頁へ

和名 ベニバナエゴノキ
漢字表記 紅花斉墩果
別名・異名 ピンク・チャイム
古名
語源 和名は、文字通り紅花のエゴノキの意。因みに本来のエゴノキの花は白色である。/属名はギリシャ語のstorax(=安息香を産出する樹木の古代名)から。/種小名は「日本の」の意。/品種名は「バラ色の」の意。
学名 Styrax japonica 'Roseus'
英名 Pink chime
 仏名   群馬県邑楽町:おうら創造の森にて 
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 エゴノキ科エゴノキ属
園芸分類 落葉性高木
用途 路地植え
原産地 園芸作出品種(日本)
花言葉
解説 ベニバナエゴノキはエゴノキ科の落葉樹である。我が国のエゴノキから作出された園芸品種である。樹高は5m前後程度に。葉は長さ4~6㎝程度の卵形で、縁には鋸歯があり、先端は鋭頭となる。5~6月頃、枝先に総状花序を出し、系2.5㎝程度で淡紅色で花冠が5深裂した花を下垂する。実は堅い玉おっ形である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 有毒植物(果実)