←トップ頁へ

和名 ベニバナチャ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影地:小石川植物園
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

漢字表記 紅花茶
別名・異名
古名
語源 和名は、赤花のチャ(茶)の意から。
属名は、17世紀チェコスロバキアの宣教師でマニラに滞在し東洋の植物を採集したことで知られるG.J.カメルスの名に因んでいる。
種小名は「中国の」の意。
品種名は「バラ色の」の意。
学名 Camellia sinensis f.rosea
英名 Rose tea,
Tea camellia
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 粉紅花茶
植物分類 ツバキ科ツバキ属(←チャノキ属)
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 中国
花言葉 追憶
解説 ベニバナチャは、ツバキ科の常緑樹である。樹高は1~3m程度に。葉は、長さ6~10㎝、幅2~4㎝程度の長楕円形で縁には鋸歯があり、先端は鋭頭、枝に互生する。葉質は薄い革質で、縁は波を打つ。葉の表面には光沢がある。10~12月頃、葉腋に5弁花をつける。花弁は、一般のチャの場合白色であるが、本種は淡紅色を帯びる。また、雄蕊は、チャの場合鮮黄色であるが、本種の場合花糸が赤色で葯の部分が黄色くなる特徴を示す。種子は暗緑色の扁球形の蒴果である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考