←トップ頁へ

検索名  ベニバナバイカウツギ

和名jp アカハナウツギ
漢字表記 赤花卯木(空木)
別名・異名
other name
ベニバナバイカウツギ(紅花梅花空木)
ウツギ・マギシェン
古名
old name
語源
etymology
和名はウツギは白花であるが、本種は赤花であることから。
属名は、ツュンベリーの後継者であるオランダのJ・ヴァン・デル・デューツの名に因んでいる。
種小名は「交雑種の」の意。
品種名はフランス語で「魔術者」の意。
学名sn Deutzia hybrida 'Magicien'
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 アジサイ科(←ユキノシタ科)ウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 垣根/生花/鉢植え
原産地
distribution
園芸作出品種
花言葉
解説
description
アカハナウツギはアジサイ科(←ユキノシタ科)の落葉樹である。所謂ウツギのハイブリッド種である。樹高は1.5~2m程度。葉は楕円状で縁には規則的な鋸歯があり、枝に対生する。葉の縁は赤色を帯び、葉の感触はざらつき感がある。5~6月頃、枝先に集散花序を延ばし、径2㎝程度で桃色の花を多数つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考