←トップ頁へ

和名 ベッケア・カンフロスマエ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は18世紀スウェーデン人自然科学者Abraham Baeckへの献名。/種小名はラテン語のcamphor(=樟脳)とギリシャ語のosme(=香り)の合成語。
学名 Baeckea camphrosmae
英名 Camphor Myrtle 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
仏名  
撮影地:西オーストラリア州
ムア・リヴァー国立公園
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 フトモモ科ベッケア属
園芸分類 常緑低木
用途
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ベッケア・カンフロスマエはフトモモ科の常緑樹である。オーストラリア西部の砂質土壌地に自生の見られる灌木である。茎は概して地に沿うように横方向に伸び、樹高は20~50㎝程度となる。葉は、多肉質で厚味のある線形でとても小さい。葉は、枝に互生する。葉は、学名に示されているように樟脳のような芳香を放つ。原産地オーストラリアでは5~12月頃、枝先の葉腋に白色~桃色で5弁の小花を多数付ける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考