←トップ頁へ

和名 パンヤノキ
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園↑

↑撮影:GKZ/とちぎ花センター↓


漢字表記
別名・異名 ボンバクス
キワタノキ
カポック(綿の木)の意。
インドワタノキ
古名
語源 和名のパンヤは、本来マレー半島の現地名だったが、それがポルトガル語となり日本に伝わったもの。
属名に、この属の樹木に対する南米での現地名をラテン語表記。
種小名は「5雄ずいの」の意。
学名 Ceiba pentandra(=Bombax ceiba)
英名 cotton tree,
tree cotton,
red silk-cotton tree
仏名 ceiba de lana
独名
伊名
西名 capoc
葡名 painia
漢名 木棉
植物分類 アオイ科ケイバ属
園芸分類 落葉高木
用途 種子の綿毛は布団や救命ブイの詰め物/材は丸木船
原産地 インド
花言葉
解説 インドワタノキは、アオイ科の落葉樹である。樹高は20m程度に。葉は3~7個の掌状の葉で構成される。幹は灰褐色で、大きな刺が見られる。花は大形で多肉質、鮮橙赤色で、光沢のある花弁を持つ。果実は長楕円形で、種子には長毛があり、これが名前の所以となっている。原産地はインドと推測されているが、熱帯アジア各地、またオーストラリアにも分布が見られるという。
履歴 我が国ヘは江戸時代に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考