←トップ頁へ

和名jp ハウチワノキ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:夢の島熱帯植物館
漢字表記 葉団扇木
別名・異名
other name
シマアワブキ(小笠原諸島での現地名)
ドドナエア・ウィスコサ
古名old name
語源
etymology
和名は種子の形状から。
属名は、フランドルの医師・植物学者であったレンベルト・ドドエンス(Rembertus Dodonaeus)の名に因んでいる。
種小名は「粘着力のある、ねばねばした」の意。
学名sn Dodonaea viscosa
英名en Hopbush
Broad leaf hopbush
Candlewood
Giant hopbush
Sticky hopbush
Soapwood
Wedge leaf hopbush
仏名fr Apili
maitali
mairari
独名de Hopfenbusch
伊名it Rosso di fine inverno
西名es candela
Chirca de monte
Ch'akatea
Heyuelo
Jarilla
Chapulixtle
Cocotillo
葡名pt Vassoura-velmelha
漢名ch 車桑子
植物分類 ムクロジ科ハウチワノキ属
園芸分類 常緑低木
用途use ホップの代用(果実)/用材(ハンドル・器具材等)
原産地
distribution
日本(南西諸島・小笠原諸島)~世界の亜熱帯・熱帯地方
花言葉
解説
description
ハウチワノキはムクロジ科の常緑樹である。本種は世界の熱帯・亜熱帯地域に広い分布する樹種である。樹高は3~5m程度となる。株基から良く分枝をし、潅木状となる。樹皮は灰褐色で、稜があり、剥がれ易く、若枝や葉の表面は粘り気がある。葉は、長さ4~8㎝程度長楕円形で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部では枝に互生する。葉質は薄い革質である。4~6月頃、枝先の葉腋から円錐花序を出し、径5㎜程度で黄緑色の花を付ける。花被片は4~5個、雄蕊は8~9個、柱頭は3~4裂する。花後には、径1.5~2㎝程度で扁平な翼果をつける。7~8月頃には果実は多数下垂して茶色に熟す。
履歴  
県花・国花     
古典1  
古典2  
季語  
備考