←トップ頁へ

和名 ハウチワカエデ
撮影:新潟県 塩野計司様↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影:GKZ/日光植物園↓

撮影者:東京都 山口米子様↓
↑撮影地:福島県高湯温泉↓

漢字表記 羽団扇楓
別名・異名 メイゲツカエデ(名月楓)
古名 撮影地:新潟県六万騎山→
語源 和名は、大型の葉を、天狗が持っていたと言われる羽団扇(はうちわ)にたとえたものとか。
属名は、ラテン語でカエデを表しているが「切れる」という語源から来ており、裂けた葉を指している。
種小名は「日本の」の意。
学名 Acer japonicum Thumb.
   撮影地:神代植物公園 
   ・植物多様性センター
英名 Fullmoon maple
Downy Japanese Maple
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 羽扇槭/団扇槭
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭木/用材(器具・薪炭)
原産地 日本(北海道~四国)/朝鮮半島
花言葉 節制、遠慮、自制、大切な思い出
解説 ハウチワカエデは、ムクロジ科(←カエデ科)の落葉樹である。樹高は10mに達する。樹皮は灰青色。葉は、径10㎝程度の掌状で、9~11浅裂し、縁には鋸歯がある。園芸界では、「明月」や「板屋」の名で流通している。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考