←トップ頁へ

和名 ハツアラシ 撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 初嵐
別名・異名
古名
語源 和名は、開花時期が早い品種である事からの命名か。/属名は、17世紀チェコスロバキアの宣教師でマニラに滞在し東洋の植物を採集したことで知られるG.J.カメルスの名に因んでいる。/種小名は「日本の」の意。
学名  Camellia japonica 'Hatsuarashi'
英名   
仏名   
独名 撮影地:小石川植物園
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ツバキ科ツバキ属
園芸分類 常緑小高木
用途 庭木/切り花
原産地 日本
花言葉   控えめな優しさ、誇り
解説 ハツアラはシバキ科の常緑樹である。樹高は3~5m程度に。葉は、幾分厚味のある楕円形~広楕円形で、主脈部位で中折れ状となり、縁部には鋸歯があり、先端部は尖り、枝に互生する。10~3月頃、白色で筒状一重咲きの小輪花をつける。江戸期から続く京銘花である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考