←トップ頁へ

検索名  ハトノキ(鳩木) 
撮影:GKZ/日光植物園↑

↑撮影者:東京都 中村利治様↓ 

撮影地:筑波実験植物園↑
和名 ハンカチノキ
漢字表記 手巾木
別名・異名 ダヴィディア
ハトノキ(鳩木)
古名
語源 和名は、開花時に、苞が真っ白になって垂れ下がる様子が、ハンカチーフをぶら下げたかのように見えることから。
属名は、この植物を発見したフランス人牧師アルマン・ダヴィッドの名に因んでいる。
種小名は「総包のある」の意。
学名 Davidia involucrata Baill.
英名 Dove tree
Handkerchief tree
仏名 Arbre aux mouchoirs
独名 Taschentuchbaum,
Taubenbaum
伊名 Albero dei fazzoletti
西名 Davidia
葡名
漢名 珙桐
植物分類 ヌマミズキ科(←ダヴィディア科)ダヴィディア属
園芸分類 落葉高木
用途 路地植え
原産地 中国
花言葉 清潔
解説 ハンカチノキは、ヌマミズキ科(←ダヴィディア科)の落葉樹である。原産地では樹高20mにも達すると言う。葉は拾い卵形で、長さ9~15センチ程度、先端は尖り、鋸歯がある。葉は葉柄を持ち、互生する。表面には細かい柔毛が、裏面に葉粗い粗毛が見られる。5~6月頃に開花する。大小2枚の白色の苞が垂れ下がり、その中に花が隠れるようにある。苞の長さは15~20㎝程度。
履歴 1874年、フランス人牧師アルマン・ダヴィッドによって中国で発見されている。我が国への渡来は、1950年代と推定される。アルマン・ダヴィッド牧師は、ジャイアント・パンダ発見者としても知られている人物である。
備考  下図撮影者:千葉県 三浦久美子様
 撮影地:日光植物園↓          撮影地:千葉大学園芸学部↓