←トップ頁へ

和名 ハシバミ
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑ 
撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影:GKZ/日光植物園↓  
漢字表記
別名・異名 オオハシバミ(大榛)
古名 ハシバミ(波自波弥・波止波美・波之波美)
語源 和名は、葉皺(はしはみ)からとも。また、榛柴実(はりしばみ)からの転訛とも。/属名はギリシャ語のcorys(=兜)を語源としている。/種小名は「異葉性の」の意。
学名 Corylus heterophylla
英名 Japanese hazel
仏名 撮影地:新宿御苑→
独名   
伊名   
西名   
葡名 撮影地:東京港野鳥公園→
漢名 川榛
植物分類 カバノキ科ハシバミ属
園芸分類 落葉低木
用途 果実は食用/採油
原産地 日本(わが国の北日本に多く、南日本には希である。)
花言葉 仲直り
解説 わが国の山野に自生の見られるカバノキ科の落葉樹である。樹高は、2~5㍍程度まで。3月~4月頃に花を見せる。雌雄同株で、雄花穂は黄褐色で1~3本出て、枝の先端近くの節から垂れ下がる。雌花は雄花より下の芽か、雄花の穂の付け根に上向きにつき、花色は緑色。果実は球形で、堅く、黄褐色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1 『今昔物語』、『近松浄瑠璃集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
15 246 「東北四珍」