←トップ頁へ

検索名 ハリマツリ(玻璃茉莉)  
和名 タイワンレンギョウ
漢字表記 台湾連翹
別名・異名 デュランタ/ハリマツリ(玻璃茉莉)
古名 植栽品→
語源 和名の語源については不詳。(ご存じの方は、是非ご教示下さい。お願いします。)/属名は、ローマ法王の侍医でもあり植物学者でもあったC.ドゥランテスに因んでいる。/種小名は「匍匐する」の意。
学名 Duranta repens
英名 Pigion berry/Golden Dewdrop/Golden Tears/Sky Flower
仏名 Durante
独名 Taubenbeer
伊名 Duranta
西名 Duranta
葡名 Ping-de-ouro,Violeteira-dourada,
Duranta,Violeteira
漢名 仮連翹/金露花(小本苦林盤)  沖縄県:東南植物楽園にて↓
植物分類 クマツヅラ科ハリマツリ属                 
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/生け垣
原産地 ブラジル/西印度諸島
花言葉 あなたを見守る、歓迎
解説 タイワンレンギョウは、クマツヅラ科の常緑低木である。枝は4角形で、匍匐し、下垂する。葉は卵状楕円形で、上半分に鋸歯を持つ。葉の長さは2~5㎝程度。7~9月頃に、青紫色の花を見せる。花径は1㎝前後。花後に黄色の果実を見せ、長く枝にとどまる。
履歴 我が国へは明治中期に渡来し、ハリマツリと命名されている。
県花・国花   
古典1
古典2 結実の様子→
季語
備考