←トップ頁へ

和名 ハリグワ
↑撮影地:筑波実験植物園↓
撮影地:星薬科大学薬草園↓
漢字表記 針桑
別名・異名
古名
語源 和名は、枝に鋭い刺針を持つことから。/属名は、マレー語のハリグワに対する現地語cudrangから。/種小名は「三凸頭の」の意。
学名 Cudrania tricuspidata
英名
仏名
独名
伊名 撮影者:千葉県 三浦久美子様
西名
葡名
漢名 柘樹
植物分類 クワ科ハリグワ属
園芸分類 落葉小高木
用途 養蚕(葉)/和紙原料(樹皮)/染料(心材)/食用・酒(果実)/薬用
原産地 朝鮮半島/中国
花言葉
解説 ハリグワはクワ科の落葉樹である。樹高は8m程度まで。枝には5~35㎜程度の鋭い刺針があり、名前の由来となっている。葉は互生し、、卵形もしくは菱状卵形で、長さ3~14㎝程度、全縁。6月頃今年枝に頭状花序を出す。花は淡黄色。秋に頭状果序は肥大し、肉質となり径2.5㎝程度に赤熟する。
履歴 我が国では、洪積世の中期頃までは自生していたことが木片の出土から判明している。/明治以降栽培が行われ、半野生化している地もあるという。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考