←トップ頁へ

漢字表記 針蕗
別名・異名
古名 撮影地:新潟県・守門岳
語源 和名は、葉をフキ(蕗)に見立てて、「針の多いフキ」の意。/属名は、echinos(=ウニまたはハリネズミ)とpanax(=属名)の合成語で、葉及び茎に見られる刺に由来している。
学名 Echinopanax japonicus Nakai
英名
仏名
独名     写真上撮影者:新潟県 塩野計司様
伊名 写真下2図撮影:GKZ
西名 東京大学付属日光植物園にて
 
下図撮影者:千葉県 三浦久美子様
葡名
漢名 刺人參
植物分類 ウコギ科ハリブキ属
園芸分類 落葉低木
用途 薬用(根・葉)
原産地 北海道西南部/本州中部以北・紀伊半島/四国の亜高山帯
花言葉
解説 ハリブキはウコギ科の落葉樹である。概ね山地の針葉樹林内に自生が見られる。樹高は1m以下。葉にも幹にも棘を持つ。幹はほとんど分枝せず、葉は掌状に5~9裂し、葉の径30㎝前後、長い葉柄を持つ。6~7月頃、幹の先に円錐花序を出し、綠白色の小花を見せる。秋に、果実は赤く熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 撮影地:尾瀬国立公園
季語
備考