←トップ頁へ

和名 ハナカナボウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 花金棒
別名・異名 ディディエレア・トロリー 
アシュラジョウ(阿修羅城)
語源 和名は、茎の周囲に花を見せるかなぼうのきの意から。因みに「アシュラジョウ(阿修羅城)」は中国名からの音読み。/属名は、フランス人探検家Alfred Grandidierへの献名。/種小名は、ドイツ人植物学者Wilhelm Trollへの献名。
学名 Didierea trollii
英名 Octopus plant
仏名 Arbre-pieuvre
独名 Trolls Didierea
伊名 Polipo albero
西名 Pulpo árboles
葡名 Didierea trollii
Polvo-árvors
漢名 阿修羅城
植物分類 カナボウノキ科ディディエレア属
園芸分類 常緑・落葉低木
用途 路地植え(暖地)
原産地 マダガスカル島:固有種
花言葉
解説 ハナカナボウはカナボウノキの常緑・落葉樹である。(本来的には、適温下での成長時には常緑樹であるというが、高温期にも低温期にも落葉する性質を見せる。)原産地では最大樹高は10mにも及ぶという。茎は地際から多数出て、匍匐或いは斜上する。多数の幹の中から中心となる茎が立ち上がり、やがて多数の枝を出す。まるでタコの足のようにも見えることから、英名ではOctopus plantと呼ばれている。茎の周囲には鋭い刺が無数に密生し茎を覆う。これは、本種がマダガスカル島の乾性林に自生するために身を守るための策であると言われている。葉も小さく、長さ2~3㎝程度の狭楕円状である。花は、葉腋につき、幾分多肉質な黄色い4弁花で、刺同様に茎の周囲を覆うように開花する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考