←トップ頁へ

和名 ハナヒョウタンボク
 ↑撮影者:東京都 中村利治様↓

下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様

東京都薬用植物園↑

漢字表記 花瓢箪木
別名・異名
古名 撮影地:小石川植物園
語源 和名は、花も観賞できるヒョウタンボクの意からか。/属名は、ドイツ人16世紀の数学者でもあり採集家でもあったAdam Lonitzerの名に因んでいる。/種小名はロシアの分類学者R.マーックの名に因んでいる。
学名 Lonicera maackii
英名 Amur honeysuckle,
Bush honeysuckle
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 金銀忍冬
植物分類 スイカズラ科スイカズラ属
園芸分類 蔓性半落葉性木本
用途 路地植え(庭木・生け垣)、鉢植え
原産地 日本(長野県・群馬県・岩手県・青森縣)、朝鮮半島、中国、ロシア、モンゴル
花言葉
解説 ニオイニンドウは、スイカズラ科の蔓性半落葉性樹である。樹高(蔓)は6m前後程度に。葉は楕円形~披針形で茎に対生する。5~6月頃、葉腋から短い花柄の先に2個の花をつける。花冠は2唇形で、開花時には白色であるが、やがて黄変する。花の基部は淡桃色に色付いている。花後の果実は球状の液果で2個対になって下垂し、赤熟する。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧ⅠB類(EN)
県花・国花
古典1 小石川植物園→
古典2
季語
備考 有毒植物:果実