←トップ頁へ

和名 ハマイヌビワ
漢字表記 浜犬枇杷
別名・異名
古名 撮影地:沖縄市泡瀬海岸
語源 和名は、浜辺に見られるイヌビワの意。因みにイヌビワとは、ビワに似た実をつけるが小さくて食用に供しないことから。/属名のFicusとはイチジクに対するラテン古名である。/種小名は「枝がある、放射状の線がある、細くて長いひこばえを出した」の意。
学名 Ficus virgata Reinw. ex Bl.
英名 Figwood
仏名 撮影者:沖縄県 比嘉善一様↑ 
独名 撮影:GKZ↓/沖縄ワールドにて
伊名
西名
葡名
漢名 白肉榕/島榕
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 常緑小高木
用途 防風・防潮林/薪炭材/緑肥(葉)/家畜飼料(葉)/若葉はイシガケチョウの食草
原産地 日本(奄美大島以南)/台湾/フィリピン/セレベス/モルッカ諸島/ニューギニア/ポリネシア
花言葉
解説 ハマイヌビワはクワ科の常緑樹である。樹高は3~7m程度。葉は、長さ7~20㎝程度、幅3~8㎝程度で、表面には幾分光沢がある。ハマイヌビワの葉には大きな特徴がある。葉の主脈に沿って左右が非対称となる点である。雌雄異株。イチジクと同様の無花果をつけるが、大きさは8~15㎜程度。初め赤色で、やがて暗紫褐色へと変化する。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考