←トップ頁へ

和名jp ハコネウツギ
↑撮影:GKZ/群馬県館林市↓
下2図 撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:千葉緑化植物園↑
漢字表記 箱根空木
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
牧野富太郎著「牧野新日本植物図鑑」では、和名について<箱根空木>の意であるが、箱根には本種はなく、誤認に基づくものである。」と記述している。
属名は、ドイツの科学者Christian Ehrenfried von Weigelの名に因んでいる。
種小名は「朝鮮産の」の意。
学名sn Weigela coraeensis Thumb.
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 錦帶花
植物分類 スイカズラ科タニウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 庭木/公園樹
原産地
distribution
日本各地の沿海地域
花言葉 移り気
解説
description
ハコネウツギは、スイカズラ科落葉樹である。5~6月に、新枝の葉腋に2~8個の花を咲かせる。花は釣鐘状の漏斗型で、先は5裂し、中央から急に太くなる。咲き始めは白色だが、後に紅色か紅紫色へと変化する。開花時期には、紅白入り交じった開花の様子が人々に好まれている。
履歴 撮影地:筑波実験植物園→
県花・国花
古典1
古典2 『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
9 108 「崖」
14 106 「ミニ気象」
14 310 「颱風一過」