←トップ頁へ

検索名  バウエラ  
和名 アイノカンザシ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
撮影地:筑波実験植物園 
漢字表記 愛の簪
別名・異名 エリカモドキ/バウエラ
古名
語源 和名の語源不詳。(花色・花姿からかと推測される。)/属名は、19世紀オーストラリア人植物学者・ボタニカルアーティストだったFranz and Ferdinand Bauer兄弟への献名。/種小名は「アカネ属のような葉の」の意。
学名 Bauera rubioides
英名 Dog Rose,
River Rose
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 寬茜草葉長綠枝花
植物分類 クノニア科 エリカモドキ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 可憐
解説 アイノカンザシはユキノシタ科の常緑樹である。樹高は2m前後に。若枝は赤味を帯びている。若枝並びに葉の表面には白毛が見られる。葉は深く3裂し、一見して6個の小葉が輪生しているかの状況に見える。葉の形状は狭長楕円状で、ほぼ全縁、表面には幾分光沢がある。葉の先端は鋭頭。本来周年開花性をもつが我が国では3~5月頃に葉腋から径1.5~2㎝程度で紅紫色の小花を多数下垂させる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考