←トップ頁へ

和名 バイカウツギ
漢字表記 梅花空木
別名・異名 サツマウツギ
語源 和名は、花形もウメに似て、枝が中空であることから。/属名はエジプト王プトレマイオスⅡ世フィラデルフス(Philadelphus)の名に因んでいる。/種小名は、「薩摩の」の伊。
学名 Philadelphus satsumi
英名 Satsuma Mockorange
仏名
独名 拙庭にて
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 アジサイ科(←ユキノシタ科)バイカウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え/用材(木釘・寄せ木細工)/薬用(枝・葉)/香料(花)
原産地 日本(本州・四国・九州)
花言葉 思い出
解説 バイカウツギは、アジサイ科(←ユキノシタ科)の落葉樹である。樹高は3~4m程度に。葉は対生し、長さ5~10㎝程度で、卵形をしている。5~6月頃、系2.5㎝前後の白色の花を見せる。花には芳香がある。
履歴 1851年に渡欧している。
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考