←トップ頁へ

和名jp ウツギ
群馬県館林市にて

上3図撮影/GKZ

下図撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:皇居東御苑↑

撮影地:小石川植物園↑      
漢字表記 卯木/空木
別名・異名
other name
ウノハナ
古名
old name
ウノハナ(宇乃花・宇能波奈)
語源
etymology
和名のウツギとは幹が空洞になることから。また、一説には、卯の花とは、卯月に開花が見られることからとも。
属名は、ツュンベリーの後継者であるオランダのJ・ヴァン・デル・デューツの名に因んでいる。
種小名は「鈍鋸歯状の」の意。
学名sn Deutzia crenata Sieb. Et Zucc.
英名en Double deutzia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 歯葉溲疏
植物分類 アジサイ科(←ユキノシタ科)ウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 垣根/生花/薬用
原産地
distribution
日本
花言葉 古風・風情・秘密
解説
description
ウツギはアジサイ科(←ユキノシタ科)の落葉樹である。我が国の山野に普通に自生する落葉低木である。樹高は2~3m程度。樹皮は灰褐色。葉は対生し長卵形または広被針形で、先端は尖る。葉には両面に星状紋があり、触れるとざらついた感触がある。花期は5~7月頃で、花色は白。
履歴 民俗学的に、その土地に入り込もうとする邪悪な精霊を追い払う効果があるとされ、昔から、垣根や土地の境目に植えられた。
県花・国花
古典1 『万葉集』、『古今集』、『新古今集』、『枕草子』、『源氏物語』、『蜻蛉日記』、『山家集』、『金槐和歌集』、『近松浄瑠璃集』、『芭蕉句集』、『蕪村句集』、『一茶句集』
古典2 『本草和名』、『和名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』
季語 夏(花)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
24 257 「空の一角」