←トップ頁へ

和名 ウスズミ
漢字表記 薄墨・淡墨
別名・異名
古名
語源 和名は、初め白っぽい花を開花し、盛りを過ぎると花色がやや淡い墨色へと変化することからという。/属名は、ラテン語のcerasus(=桜樹)から。/種小名は「園芸家ラネスの」の意。/品種名は「ほとんど黒色の」の意。
学名 Cerasus lannesiana 'Nigrescens'(Prunus lannesiana 'Nigrescens')
英名
仏名
独名 撮影者:千葉県 三浦久美子様
伊名 撮影地:多摩森林科学園
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭園樹/公園樹
原産地 日本
花言葉
解説 ウスズミは、バラ科の落葉樹である。樹高は15~20m程度に。樹皮は黒褐色。小枝は灰褐色。若葉は薄茶緑色。葉は2~2.5㎝程度の葉柄を持ち枝に互生する。葉の長さは7~15㎝、葉幅は4~8㎝程度。葉の先端は長く尖り、縁には重鋸歯がある。と母実時には淡紅色、開花時には白色、花径は4~4.5㎝程度。花弁と花弁との間は重ならず、緑色の萼片がみられる。萼筒は、長さ1㎝程度で毛が生えている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 岐阜県根尾村(現本巣市)にあり、国の天然記念物として指定されている「根尾谷の淡墨桜」の樹種は「エドヒガン」である。