←トップ頁へ

和名 ウスゲヤマザクラ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 薄毛山桜
別名・異名
古名
語源 和名は、ヤマザクラの中でも小花柄・葉柄・葉等に毛があることから。
属名はラテン語のcerasus(=桜樹)に由来している。
種小名は日本名から。
品種名は「細軟毛のある」の意。
学名 Cerasus jamasakura f. pubscens(=Prunus jamasakura f. pubscens)
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途 公園樹
原産地 日本(本州:宮城県以西・四国・九州)・韓国:済州島
花言葉
解説 ウスゲヤマザクラは、バラ科の落葉樹である。樹高は7m前後となる。樹皮は暗灰褐色で、横に縞が見られる。本種は、語源の項にも記したが、ヤマザクラの中で小花柄・葉柄・葉等に毛がある品種である。4月頃、若葉の展開と同時に淡紅白色で、径2~5㎝程度の5弁花を見せる。果実は球形で、熟すと暗紫色になる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2  
季語
備考